キルケラン ヘヴィリーピーテッド(バッチ3)のテイスティング&レヴュー・ピーティ・ブリニー・そして異次元の甘み!超濃厚個性派ウイスキーの登場

以前ご紹介したキャンベルタウンモルトキルケラン12年 のヘビーピート&カスクストレングスバージョン

以下https://whisk-e.co.jp/products/kilkerranheavilypeatedbatch3/より抜粋

キルケラン ヘビリーピーテッド バッチ3は84ppmのヘビリーピーテッド麦芽を使用した“ピート・イン・プログレス”シリーズの第3弾
ヘビリーピーテッドのファーストヴィンテージとなる2016年蒸溜の原酒のみを使用。年に2回、熟成期間を伸ばしながらのリリースで、キルケランの成長をお楽しみいただけます。今回のバッチは、バーボン樽が80%、シェリー樽が20%使用されています。世界で9,000本のリリースで、日本への入荷は600本です

さて、その香りとお味はいかがなものだろうか・・・


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

発酵中のパンに混ぜた焦げた麦
塩麹入りのぬか床で漬けた漬け物
味噌漬けの瓜と杏仁豆腐

93点

しょっぱさがかなり強い強烈なクセもの系好きにはたまらない一本である。

ヨーグルトやパンの種のような発酵臭、そしてもはや塩麹、糠漬けの漬物、または味噌などを彷彿とさせるような潮気。
潮っぽさはあったものの親しみ易いフルーティな酸味もあった通常盤からは結構かけ離れている部分もある。
度数の高さも相まって、このキャラの濃さは強烈。好き嫌いが別れるかもしれない
だが奥にはまるで杏仁豆腐のような濃厚な甘みもあり、これが最初に感じたクセもの感と独特のハーモニー を奏でるのでやめられなくなってしまう

個人的にはかなり病みつきにさせられてしまった一本である

蘭子

おすすめの記事