バランタイン12年のテイスティング・この値段でこの完成度、の驚き第2弾。ハチミツ&フルーティ感増しのバランタイン。

すでにご紹介済みのバランタイン・ファイネスト

の姉妹品であるバランタイン12年

さて、そのお味はいかがなものだろう・・・

焦げたハチミツと

皮ごとほおばる青リンゴ

バニラにエスプレッソ

炭火で焼きの甘露とカラメル

87点

バランタインファイネストと共に、初心者の入門編に最高な一品

ファイネストにあったクリーミーなピート感はちょっと薄れ、

その代わりにハチミツやリンゴのような甘さが加わっている。

しかしピートの名残か、かすかに焦げた感じもあり、アクセントになっている。

個人的には、ジョニ赤よりバラファイ、ジョニ黒よりバラン12、という感じ

いろいろ飲んできた舌でも、しみじみうまいな、と感じる

クセもなく、完成度高く、飲みやすく、しかも激安。

どれから飲んでいいかわからないなら、まずはここから、

おすすめの記事